ブログトップへ

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

自動運転の今

DSC_2735 DSC_2732 DSC_2729

自動運転の比較をしてみました。
TOYOTA:レーダークルーズ
NISSAN:プロパイロット
スバル:アイサイト
HONDA:センシング
MAZDA:アクティブセンス

あくまで私の主観によるものですのであしからず。

前車と等間隔で追随していくのは各車ともなかなかのもの。
自動運転で一番問題なのは、前車が減速したり前があいてる時の加速がいかに人間の感覚に近いか?です。
応答がいいのはHONDAとスバル。
悪いのはTOYOTAとNISSANかな。

ハンドルを操作して車線を維持しようとするI動作。
いいのはダントツNISSAN。次にスバル。
左によりすぎるのがHONDAとTOYOTA。

それともう一点の一番大切な点。渋滞時の追随性はダントツスバル。
渋滞時でもかなりな性能で、アイサイト3は完全停止する以外には対応。最新作はストップしても大丈夫らしいです。 他メーカーのは30キロ以下には切れてしまいます。

MAZDAの考え方はドライバーファーストで、あくまで補助的な作動傾向。これはこれで悪くはないかな。

少し気になるのはTOYOTA。
主力である2000CCクラス以下には自動ブレーキしかついておらず、車間追随やハンドル操作は全くついていません。
レクサスや高級車にはついてますが、他メーカーには劣る気がします。
富士通ともつながっているのに… 現場営業マンは苦労しています。可愛そうに。

逆に普及がすごいのはHONDAですね。フィットにまでつけています。

現在のとここんな感じです。
高速道路を頻繁に利用するなら、スバルかNISSANが一歩進んでる気がします。
コンパクトカーについるのはHONDAです。

コメント

コメントはまだありません »
コメントをどうぞ

2017年10月12日 14:34 カテゴリー<社長ブログ Comments (0)