ブログトップへ

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

桜が美しいです

DSC_1749 DSC_1748

この季節になると日本人に生まれて良かったとつくづく思います。

特に好きなのが川北にある旧役場、旧農協前にある古木の桜。
決して大きくはないけど、ピンク色が強い美しくこんもりした花をつけます。


ところでなんで桜はこんな咲き方するんだろ?
葉をつけてからでも遅くないのでは?

ちょっと調べてみましたが、植物が花をつけるようになったのは恐竜時代の少し前から。
理由は分裂だけで子孫を増やすのに限界を感じた植物は、花粉を虫に運ばせる方法を編み出して新しい遺伝子を得て、進化していくことにしたんです。
綺麗な花や蜜は虫に好かれるため。 甘い果実をつけるのは、種を糞にまぎれて遠くに運ぶためなんです。

じゃ桜はなんでこんな花だけ先に咲くのかな?虫も少ないこんな時期に?

もしかしたら桜は人間をターゲットにしたのではないか?
綺麗な花を一斉に咲かせることで人間に気にいられた桜は、人間の手によって改良、拡散。そして今は世界中に広められて、ソメイヨシノさんの思惑が大当たりして世界中に広められました。

人間は植物に操られてますよ(*^^*)

コメント

コメントはまだありません »
コメントをどうぞ

2017年4月10日 23:23 カテゴリー<社長ブログ Comments (0)