ブログトップへ

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

事故処理今昔

今日 事故現場に 引き上げに行ったのだが、少し時間があったので 警察官と話をしていた。
私のいつもの事故処理を見て 、警察官の推定40代の人は 「手厚いですね 今時そんな人あんまりいないですよ」と言っていた 。
え?と自分はすごく 意外だったのでよく聞いてみたら、最近の事故処理は引き上げるのは 引き上げる専門の業者だけ 、事故処理は自己処理の専門の業者だけ 、自分のことだけ役割を終えたらさっさと帰る…そんなパターンが殆どだそうだ。
自分にしてみれば 大切なお客さんで 事故して怪我がないのか 、相手に対して 事故の被害者加害者はどうなのか? 菓子箱を持って謝りに行った方がいいのか? 代車はどうするのか? 相手への謝罪の方法などトータルな対応を1から10まで 教えるのが我々の一番の仕事だと思っていた。 だが現在はもうそれは時代遅れになってしまったのだろうか 。
確かに今日もこの事故処理のせいで 予定はめちゃくちゃで 、商談は何個も時間をずらしてもらい 必ずしも それは良い対応ではなかったのかもしれない。
世間では 車を売るのは売る専門の人で、店からは一歩も動かない 。修理はやはり専門の業者 に来店 。保険はインターネット。 完全に分業になってしまいトータルでやっている会社は実は少なくなってしまった。その方が効率が良いからであろう。
うちは逆に完全にマンツーマン制をとっており、一人の営業マンが車の引き取りから販売、保険、車検、板金、事故処理 すべて 一人があたるマンツーマン体制を取っている 。

お客さんにとっては安心だと思うが 諸刃の剣で、これが逆に仇になってしまう時も ある。
まあ難しいところだが 今の体制の方が お客さんにとっては良いのではないか?と思うので 変えたりする気はさらさらないのであるが、 世間の流れとは逆行してますね(笑)

コメント

コメントはまだありません »
コメントをどうぞ

2021年5月11日 21:19 カテゴリー<社長ブログ Comments (0)