ブログトップへ

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

小松マテーレマスク

DSC_0052.JPG DSC_7872.JPG DSC_7871.JPG DSC_7870.JPG

ちょっと長文です。

地元大手繊維会社、小松マテーレの渾身の力作
「エアロテクノ マスク&インナー」

コロナの初期に感染者を出してしまったのもあり、巻き返しや社運をかけた力作でもある不織布ではない、繊維のマスク。

ネットでマスクを買いあさるハイエ的購買者の私。
正直このマスクの存在は知ってましたが、ネットにあまり引っ掛かってこないのもあり、買うのが難しいマスクでした。
それがある日突然会社に現れたTD氏にいただいてしまいました。(゜ロ゜)ありがとうございます。
なんでも関連会社だそうです。

まず欠点から先に。
◆見た目が普通の古典的マスクにあまりにも似ている。
◆ヒモに調節機能がない
◆ノーズワイヤーなし。
◆定価が高くて、2000円以内と検索してもひっかからない。

しかしこれはなかなかスゴい‼️
次は長所
◇明らかに質感が高い。布ではなく柔らかなスポンジを少し固くしたような感触。見た目は絹っぽい。さすがは繊維メーカー
◇ヒモが柔らかく伸縮性がある素材で痛くない。これも高そうな素材。
◇形が素晴らしく、中にインナーを追加する構造だが、ちょうど割れる部分が一番通気する部分なんで、なんとも心地よい。しかも写真のように広げると立体マスクっぽくなる。
◇インナーはハニカムっぽい構造で、表面積を広くして出来るだけウイルスをキャッチさせるべく、言わば珪藻土的な考え方。しかもインナー無しだと夏場でも使えそうな通気性。

トータル、かなり良いマスクである。今まで買ったマスクの中でもトップランク‼️素晴らしい。繊維王国の意地を見た‼️口コミで広げたい。

だが、マーケティングは失敗してるなー…
売るんなら1780円くらいでネットで引っかかるのを前提に。 見た目や色や本物感を全面に出して勝負すべきだ。つけないと良さは全くわからない。

マテーレは同じサックス奏者の上野が勤めてるから義理もあるが、それを差し引いても素晴らしいマスクだと思う。
一個余ってるから誰かにあげようと思ったが、自分で使うがにしました(  ̄▽ ̄)

コメント

コメントはまだありません »
コメントをどうぞ

2021年4月10日 11:47 カテゴリー<社長ブログ Comments (0)